八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/31 15:41|未分類TB:0CM:0

自分は毎日、朝起きると、神様へのお祈りとご先祖様への祈りをかかさない。 そして、ベランダに置いてある鉢植えに水をやる。 草木も生きていることが毎日毎日よくわかる。 一日一日違う顔を見せてくれる。 自分も年をとったせいか一生懸命に生きている鉢植えの花たちが愛しくて愛しくてしかたがない。 ただひとつ心配なことがある。 それは1月だというのに梅は満開、さつきの芽も大きくふくらんでいる。 近所の沈丁花しまいそうな勢いだ。 これで本当にいいのだろうか? 自分たちの子どもの頃は入学式の時に桜が咲いた。 ところが今は卒業式前に桜が咲いてしまう。 地球の温暖化は着々と進んでいるのか。鳥インフルエンザもいろいろな県に飛び火している。 毎日の祈りの中で人類が犯した罪をわびているのだが、関テレや不二家・パロマの行伏をみていると自己中心の考え方で儲かればなにをしてもかまわない企業のありかたは大きな罪だ。人間一人ひとり皆自分が他人のために地球のために何ができるかを考えなければならない。 そんなことを考えつつ、「オーロラ宮異聞」に出発する。 きのうはゲネプロといって、本番同様舞台通し稽古をやった。 その時はバーのシィーンでは酒びんやコップを出し忘れていたり、セリフが途中で止まったり散々だった。 見ていたかみさんは言葉を失っていた。 しかし、19時からの初日は無事ミスもなく終わった。 見に来てくれたお客様は200人弱両脇が少し空いていたがまずまずだ。 歴史に詳しい人にはとても面白い舞台なのだが、歴史の背景が分からない人には少々難しいようだ。 見る前にパンフを読んで知識を埋めてから見てもらえると面白く見られる。 前回の「孫文の女」の時も同様のことがいえた。 脚本・演出の永島直樹さんは満州生まれで日本に引き上げて来た人なので満州の話を書くときには色々な思いが頭を駆け巡るようだ。 「よくこんなセリフをかけるなぁ」と関心することが多い。 原作・プロデュースの西木さんもよくここまで調べあげたものだ。 この舞台に出てくるセリフ一言一言に絶対の自信を持ってアドバイスしてきてくれる。 この二人の想いが詰まった物語だけに、少々知的なセリフ廻しが多い所も見所のひとつだ。 きょうもトチリがないように、全力で舞台を務める!!                     合掌 421                                                                                             



 

スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。