八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/28 08:00|未分類TB:0CM:0

この時季、空気が乾燥するので火事が起きやすい。 我が家は目黒通りが近く「ウ~ウ」というサイレンを鳴らしながら、よく消防車が走り去っていく。 昔だったら、印半纏(しるしばんてん)を羽織り、屋根に上って勢いよく纏い(まとい)を振った。 時代劇でしか見たことはないが、それはそれは男らしく粋だった。 以前、人形町の和物を売っている店を取材した時に、印半纏を見せてもらった。 外側は何の変哲もない半纏なのだが、内側は虎や龍などの刺繍が施されていて、布も派手な色の物が使われている。 江戸の粋はちょっと目ではわからないが、屋根から屋根に飛び移る時に、チラリと見える内側の模様で何組の何べぇだとわかる。 その内につつんだ、控えめで、繊細な色気が「江戸の粋」だと教えてもらった。 ひけらかさない美が、日本の本当の粋なのだ。 きのうの東京新聞の一面に、ホンダ・レーシングF1チームの新しいマシンが公開された。 F1のマシンというと、今までは車のボディにいろいろな企業のロゴが「これでもか」というほど貼り付けてあり、“走る広告塔”というイメージだった。 ところが今回のホンダのマシンは、企業のロゴが一切なしなのだ。 ボディは、地球の衛星写真のデザインで、地球環境問題への取り組みをスローガンにしているらしい。 ホンダは、前代未聞のスポンサーロゴなしで環境保護を訴える。 なんと素晴らしい取り組みなのだろうか。 F1を運営するのに、年間300億円もかかるらしい。 企業は車のボディにそのロゴを貼って貰い、スポンサーになる。 そのロゴが無いのだから、お金はどのように集めるかがポイントだ。 しかし、いくつかの企業から環境問題解決に貢献したいとスポンサーに名乗りを上げているそうだ。 全世界の人たちは、地球の衛星写真のボディの裏に、どこの企業が協賛しているかをチェックするはずだ。 今回のホンダのF1車がサーキットを走る時、自分は印半纏を羽織った火消しの姿をだぶらせることだろう。 そして、その奥にある粋な企業を応援する。 
                                   合掌 421

スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。