八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/29 10:07|未分類TB:0CM:0
緒方重威(しげたけ)元公安調査庁長官(73)が虚偽の買い取り話で土地建物を騙し取ったとして詐欺の疑いで逮捕された。 公安調査庁の元トップが逮捕されるというのは一体どういうことか、耳を疑う逮捕劇だ。 最近は、教師が警察官が県のトップの知事が、悪魔のささやきに乗ってしまい不正を起こしている。 本来、襟を正さなければならない聖職の人たちだ。 その中に、公安調査庁の元トップが入ろうとは、なんとも情けない話だ。 人間の心とはそんなものなのか、とても悲しい逮捕だった。 検察OB弁護士を「ヤメ検」といって、テレビの世界では重宝されていて一目置かれている。 なぜならば、検察の捜査を熟知しているので、企業犯罪や汚職事件の裏側を読んだコメントをしてくれるからだ。 つまり、敵側と味方側双方のコメントを出来るわけだ。 この「ヤメ検」もテレビのコメンテーターで語っているのならいいのだが、実際に企業犯罪や汚職事件の被告から弁護の依頼を受ける場合もあるらしい。 報酬も数千万円から一億円を超す事件も珍しくないらしい。 法的に言って、弁護を引き受けること自体は問題ないのだろうが、倫理的・道義的には許したくないものだ。 今まで味方として作戦を練っていたものが、急に敵方に回り、陣頭指揮を振るうというのはどうだろう。 戦国時代じゃあるまいし、こんな裏切り行為は、国民感情として受け入れることはできない。 自分は前から思っていたのだが、「ヤメ検」の人に武士道を感じる人が少ない。 社会正義の実現という重責を担い「正しい信念に誠を尽くす」心意気で、安い給料でも頑張る検察官には、最後まで正義の味方でいてほしい。 最近は、目先の金に目がくらみ、悪魔のささやきに「ズルズル」入っていってしまう人間が多すぎる。 公安調査庁のトップをやった人までが逮捕されてしまうのだから世も末だ。 弁護士も弁護士で、山口母子殺害事件の差し戻し控訴審で殺人罪などに問われた元少年(26)に20人近くもついた弁護団も何かへんだ。 この事件の弁護なのか、死刑を廃止するための弁護なのか、よく分からない。 子どもの頃、「弁護士になりたい!」と云っていた子の理由は、「困っている人を助けたい」だった。 困っている極悪人を助けるのなら、罪を軽くするのではなく、人間としての心を取り戻すための弁護でなくてはならない。 検察の人も弁護士も、「初心」に戻って「自分は何のために生まれてきたか」「自分のなすべきことは何か」を思い出して欲しい。 目先の「損得」に惑わされること無く、志を全うする「誇り」を持っていて欲しい。    合掌
スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。