八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/29 09:12|未分類TB:0CM:0
最近は食料品価格が軒並み値上がりし、庶民の暮らしを圧迫している。 世界的には食糧危機が叫ばれている。 その中で日本の自給率は40%とわずかだが上がった。 世界貿易機関(WTO)の多角的貿易交渉も近く再開し、世界から沢山の野菜を輸入しなければならなくなってくるだろう。 真剣に自給率アップを推進し、将来を見据えた農政を改革していかなければならない。 そうしなければ、いざと言うとき食料が入ってこなくなり、日本人は餓死するものも出て来るかもしれない。 そのためか農水省は2009年度予算の概算要求を発表し、自給率向上の総合対策として3025億円を盛り込むことを発表した。 自分はこのブログで何度も「自給率をあげる政策をしなければならない」と言ってきたが、やっと行政も重い腰を上げ始めた。 それにしても政治家たちは真剣に日本の農業を考えているのだろうか。 まもなく始まる臨時国会では、待ったなしで農業問題を話し合わなければならないのに、野党は太田誠一農相失言や事務所費問題を追及する構えだ。 農業問題を少しでも改善しなければならないのに、なぜ農相ばかり毎回問題を起こすのだろうか。 昨年自殺した松岡農相に始まり、絆創膏の赤城農相、その次は遠藤農相とお金にまつわる問題でことごとく辞任している。 なぜこんなに農相ばかりに問題が生じるのか情けなくて涙が出て来る。 自民党の首相は本当に農政を考えているのか、任命責任は免れない。 こうなったら早く解散して総選挙で民意を問う必要がある。 食の安心安全が問われている中、一刻の猶予も許されない。 今の政治家の中に、田植えの経験や野菜作りをした人がいるのだろうか。 毎日空を眺めては一喜一憂している心が分かっているのだろうか。 日照りの時は涙を流し、寒さの夏はオロオロ歩く、宮沢賢治のような政治家はいないのか。 民間から選んでもいい、先の読める農政に精通した人に農相をやってもらいたい。       合掌
スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。