八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/26 07:13|未分類TB:0CM:0
きょうは一日中、女子フィギュアの話題で持ちきりになるだろう。 真央ちゃんとキムヨナさんのどちらが金メダルを取るのか、世界中が注目している。 真央ちゃんが、ショートプログラム初のトリプルアクセルを跳んだのに、5点近い差は納得できないという人が多い。 どこにそんな差があったのか、どちらも素晴らしい演技だっただけに、審判員にもプレッシャーがかかる。 今、一番緊張しているのは、採点する審判員なのではないだろうか。 真央ちゃんがトリプルアクセルを2回決めたら、審判員はいったいどうするのだろうか… それでもキムヨナさんが勝ったら、問題が起こるかもしれない。 男子フィギュアで、プルシェンコ選手4回転を跳んでも銀メダルだったことに抗議している。 やっぱり、挑戦した人には高得点を出さなければ、誰も挑戦しなくなるだろう。 フィギュアスケート競技のあり方までも、変えてしまいそうなフリー演技になる。 今度はキムヨナさんが先に滑るが、神様は面白いことをするものだ。 自分は、キムヨナさんがジャンプをミスするような気がしてならない。 ショートの時は、真央ちゃんがノーミスだったので、キムヨナさんの闘争心に火がついた。 彼女は逆境に強いところがある。 先に滑ることがどのように影響するか目が離せない。 これは提案なのだが、どちらもノーミスで滑ったら両方金メダルにしたらどうだろう。 タイムレースなら文句なく早い方が金メダルになる。 しかしフィギュアスケートは審判員の感性の問題も含まれる。 だから、二人ともノーミスだったら、審判員で話し合って同点にしたらいいと思う。 金メダルと銀メダルを半分づつにして、二つのメダルを作るというのはどうだろう… オリンピック史上に残る、大岡裁きになると思うのだが…      合掌
スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。