八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/21 19:28|未分類TB:0CM:0
先週一週間、ブログをお休みさせていただいた。  きょうは、計画停電が中止になったので、ブログを更新させていただく。  このブログでは、いつも言ってきたことがある。  それは、20世紀は 「物質文明」 といって、ありとあらゆる物質が出てきて、人間がより楽に、より便利に、より早く、より簡単にと、人間中心に時代を進めてきたということだ。  その結果、オゾン層の破壊、地球の温暖化など、自然を破壊してきてしまった。  21世紀は、そのままでは地球が持たないので、一人ひとりが我慢することや、正しいことを真摯に全うする強い精神力が問われる、 「精神文明」 「本物の時代」 だ、とも言ってきた。  これだけ、世界中に情報が氾濫する時代。  「臭い物に蓋」 をしようとしても、ニセモノはすぐに暴かれてしまうのだ。  21世紀になって10年。  今まさに、それが現実になってきている。  原爆を落とされた国が、原発を推進することの意味。  苦しくても秩序を守り、食事を待つ被災者がいる傍ら、スーパーやコンビニで買占めをする人々。  中東も、政治家も、相撲界も、一般の人々も、「本当に正しいことは何か」 が問われている。  「神の国」 と言われている日本。  本当に 「神の国日本」 なのか、今回の大地震の対応が試されている。  自粛することは、やぶさかではない。  しかし、すべてに自粛してしまったら、経済が回らない。  普段通りの生活をしながら、心の中に、被災者の方々の痛みを解って行動する必要があるだろう。  21世紀は 「精神文明」 「本物の時代」 だということを、改めて肝に命じなければならない。   PS … この先も計画停電が実施されることもあるようなので、節電の趣旨をかんがみ、電気の状況が改善されるまで、ブログを控えさせていただく。     合掌
スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。