八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/27 07:37|未分類TB:0CM:0
先週はパソコンの故障で失礼しました。  今週から、ブログを再開します。    さて、5月22日にオープンする東京スカイツリーは、日本中!いや世界中から観光に来るお客さんでごった返すだろう。  634メートルと、世界一高い自立式電波塔スカイツリーの展望台へはエレベーターで移動する。  大量のお客さんを、展望台へ送るエレベーターは相当大きい物になる。  皆さんはエレベーターの心臓部、滑車は一度入れたら交換できないことを知っていただろうか?  つまり、故障せず、耐久性に優れ、安全な滑車を作る作業は並大抵ではない。  そんな滑車を作ったのは、大手の会社ではなく、山形にある小さな鋳物工場で作られた。  この会社の名前は 「渡辺鋳造所」 従業員36人の会社だ。  コンピューターでも作ることが出来なかった滑車を、この会社は見事に作り上げてしまった。  取り替えることの出来ない滑車は、何十年使っても傷やひびが入ってはいけない。  だから、滑車全体の純度はどこをとっても同じでなければならない。  そこが、他者には出来ない技術で、まさにオンリーワンだ。  渡辺鋳造所の皆さんは、7月になったら自分たちが作ったエレベーターを見に行くそうだ。 この渡辺鋳造所をはじめ、山形の世界へ羽ばたくものづくりをしている会社を紹介する 「やまがた発!ニッポンものづくりの極意」 は、3月3日土曜日お昼に、山形テレビで放送される。  山形以外の方は、BSでも放送されるようなので、もうしばらく待ってもらうしかない。  日本の技術が海外へ流出している中で、見ごたえのある番組だ。     合掌   
スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。