八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/19 08:17|未分類TB:0CM:0
皆さんは「不同意堕胎」という容疑があることを知っていただろうか。  交際していた妊娠中の女性に子宮収縮剤を使用し流産させたとして、警視庁捜査1課は、東京港区の慈恵会医科大学付属病院、腫瘍血液内科助教の医師で金沢大学付属病院に出向している小林達之助容疑者(36)を、不同意堕胎容疑で逮捕した。 この小林容疑者は、09年1月上旬と中旬の2回、当時交際していた妊娠2カ月だった30代の女性看護師の自宅マンションで、「良いビタミン剤がある」などとだまし、子宮収縮剤の錠剤を飲ませたり点滴をして流産させたとしている。 小林容疑者は結婚していることを隠したまま、この女性と交際して妊娠させてしまった。 「土曜ワイド劇場」では、「医者が看護師に手を出し、愛欲に溺れ不倫したあげく妊娠させ、殺人を犯す」というストーリーは見たことがあるような気がする。 まさか、子宮収縮剤なるものがあって、妊娠初期の女性に投与すると流産しやすいとは、西村京太郎でも知らなかったのではないだろうか。 医師の立場を利用し、子宮収縮剤を手に入れる段階で、医師仲間の関与はなかったのだろうか。 慈恵医大は戦々恐々なのではないだろうか。 しかし、小林容疑者が本当にこんなことをしたのなら、女性の敵だけではすまされない。 人の命を預かる医者が、自分の欲望の処理をするのに立場を利用して薬を使い、女性をだまして赤ちゃんを殺した罪は大きい。 法律では不同意堕胎の罪は、6月以上7年以下の懲役に処せられる(刑法第215条1項)そうだが、もっと思い罪だろう。 倫理的にも医師失格というより、人間失格だろう…     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1000-a04407f6

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。