八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/05 10:22|未分類TB:0CM:0
きのう日本相撲協会は、野球賭博に関与した大嶽親方(元関脇貴闘力)と大関琴光喜を「解雇」処分にした。 二人は角界から追放されることになった。 この処分に対し貴乃花親方は厳しすぎると反論したらしい。 琴光喜はまだ若いので、解雇で角界追放は厳しすぎると温情を示した。 しかし、厳しい処分を見せないと名古屋場所を開催できないと思っている理事会は、これを却下したようだ。 貴乃花親方は、今回の問題は理事である自分にも責任があるといって、退職願を提出したそうだ。 さすがに、人気のある貴乃花親方に辞められてしまっては困るので、思いとどまるように説得したそうだ。 「正直に言えばお咎めなし」と言って、琴光喜らに野球賭博を認めさせた敬意があったので、自分も解雇は厳しすぎると思う。 これでは、トカゲのシッポ切りではないのか。 そんなことより、暴力団との関係が 「うやむやになってしまうのではないか」 の方が心配だ。 名古屋場所を開催するにあたって理事長代行を置く問題は、マワシ組の抵抗があったが、協会外部理事の強い要請で元東京高検検事長の村山弘義氏(73)に決まった。 これも、村山氏にしないのなら外部理事の人たちは辞めると迫られたので、仕方なく村山氏を受け入れた。 相撲協会の理事たちは、本当に危機感を持って今回の問題を捉えているのだろうか。 とにかく名古屋場所をやることだけを考えていて、改善する態度や協会の将来など考えていないのではないだろうか。 損得だけで動く態度は、利権の上に長いこと乗っかってきて腐りきってしまった体質だろう。 をせずに名古屋場所をやると、禊が倍にも3倍にもなってのしかかって来ることを覚悟しなければならない…    合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1033-67e81cda

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。