八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/29 10:49|未分類TB:0CM:0
「石の上にも3年」というが、きょうのスーパーモーニングの「現役官僚覚悟の生激白」は迫力ある番組だった。 現役の官僚が、クビを覚悟で出演したのは凄かった。 これは、玉川徹ディレクターの殊勲だろう。 玉川ディレクターは、この番組で独法問題や天下りを取り上げ官僚の人たちと戦ってきた。 役人の無駄を徹底的に追求する姿には爽快感を覚えていた。 自分がモーニングショーをやめる時、新人だった玉川ディレクターに「母へのメッセージ」という卒業作品を手伝ってもらった。 正義感の強いディレクターだったのを覚えている。 「玉川徹のちょっと待った総研」が始まってどれくらいになるだろうか。 国の無駄を徹底的に指摘するリポートは、彼にぴったりのコーナーだ。 この本物を追求する姿勢が、国民のために働きたいという現役官僚の心に届いたのだろう。 現役官僚の口から、「国民のために働ける仕組みを作らなければならない」という言葉が出たのには感心した。 つまり、今の仕組みではダメだという事だ。 現役官僚が言っているのだから、間違いないだろう。 しかも、民主党がやろうとしていることも、ダメだと言っている。 仙石さんが「生首を切るようなことはしない」というのは甘いようだ。 給料泥棒は、とっとと辞めてもらい、やる気ある若手に代わらなければ無駄は減らないようだ。 日航と一緒で、バッサリと切って血を流さなければ手遅れになるらしい。 それをしてからでなくては、消費税を上げても意味がないのだ。 参院選は、国民の判断が間違っていなかったということだろう。 残念なのは、せっかく現役官僚が出てきているのに中途半端に終わったことだった。 後のコーナーを飛ばしても、もっと時間が取れたはずだ。 現役官僚がクビをかけて出演してくださった、天下国家の話は、予定を度外視して続ける姿勢を見せて欲しかった…     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1050-4e2eaced

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。