八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/02 06:52|未分類TB:0CM:0
「親の顔がみてみたい」… どうしようもない子がいたら、周りの人がよく言ったものだ。 大阪で、幼児が親に育児放棄され餓死した事件は、なんとも悲しい結末だった。 風俗店従業員の母は、「子供がいなくなればいいと思い、家に残して出た」と言っている。 3歳の長女と1歳に長男を家に残し、冷蔵庫には飲み物も入っていない状態だったらどうなるか… 子供を残し友人宅を転々とし、自宅に戻った時には子供は死んでいた。 「助けなければという気持ちはなかった」と言っているそうだが、この母親には母性のかけらもなかった。 親の教育は子供の将来に大きな影響を与えてしまう。 勉強とか運動などは、それほどガミガミ言わなくても良いと思うが、道徳や感性をはぐくむ躾は、何が何でもインプットしなければならない。 子供にとって、母親の無償の愛ほど尊いものはない。 母親の笑顔や慈しみの態度は、子供を安心させ限りない感性が育っていく。 毎日毎日の子育ては、すぐに結果が出るものではなく、少しづつ育まれていくのだ。 「慈しみの心」「思いやりの心」などが育まれる過程は、目に見えないものなので手を抜いてしまう親は多い。 今回の母親の母親は、娘にどんな教育をしたのだろうか。 毎日毎日を母性の心をもって接し、見返りを求めない無償の愛を注いでいれば、こんな結果は出なかったのではないだろうか。 いま全国に、今回の事件を起こした母親のような女性が増えている。 こんな女性が母親になったら子供が可愛そうだ。 悲しいことだが、行政が介入して子供を保護するしか、今のところ打つ手はない。 目に見えない教育を怠れば、こんな悲しい事件が起きてしまうことを、すべての親がに銘じなければならない。    合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1052-125c12a5

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。