八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/09 10:02|未分類TB:0CM:0
65年前の午前11時2分、長崎に原子爆弾が落とされた。 7万3千人の人々が一瞬にして命を落とした。 6日の広島に続き、わずか3日後のことだった。 米国は 「戦争を終わらせるために原爆を落とした」 と言い続けているが、広島の結果を見れば一目瞭然だったのではないだろうか。 なのに、広島の悲惨な状態を分析する間も無く長崎に原爆を落としたということは、原爆の威力を試したかったのではないだろうか。 間が空けば 「なぜ、あんな殺人兵器を、2個目も落としたのだ」 と国際的に批判されるのを見越していたと勘ぐってしまう。 いずれにしても、65年たった今でも苦しんでいる人たちがいることを、米国民は肝に銘じて欲しい。 9・11のテロを怨みに思い、未だにアルカイダと戦争をしている米国には、人の痛みが解らないのだろうか。 「目には目を、歯には歯を…」 では、人間の怨み・憎しみは消すことはできない。 それが愚かなことだと、心の底から気づかなければ、行動が変わらない。 心が変われば行動が変わる… 行動が変われば習慣が変わる… 習慣が変われば人格が変わる… 人格が変われば運命が変わる。 早くそれに気づくことだ。 「過ちては改むるに憚ること勿れ」 誰でも過ちは犯すが、それを改めないほうが、もっと過ちなのだ。 ノーベル賞をもらったオバマさんには、「謝る勇気」を持ってもらいたい。 そしてそこから、平和に向けた本当の核廃絶が進むはずだ。 21世紀は本物の時代。 「過ちては改むるに憚ること勿れ」 長崎・広島は許す心を持っている…    合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1057-1d9af455

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。