八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/10 08:02|未分類TB:0CM:0
自分の家のトイレには、安岡正篤(まさひろ)の琴線に響く言葉という日めくりが掛けてある。 安岡は陽明学者・東洋思想の研究家で、政治家に大きな影響も与え 「平成」 の元号の発案者といわれている人物だ。 その日めくりの10日は 「20前後は品性的にできるかできないか、30前後は社会的に役に立つか立たないか、40から50は実を結ぶか結ばないか、60以後は安心して死ねるか死ねないかの時期である。」 とある。 人間は還暦を過ぎると、安心して死ねる環境を作っていなければ大変なのだ。 いま、100歳の方たちの所在不明が問題になっている。 この方たちは、安心して死ねない方たちなのか… ワイドショーのコメンテーターの人たちは 「核家族化」 が問題だと言う人が多い。 3世代同居が日本一の山形では、所在不明の100歳の方はいないようだ。 しかし、家族がいなくても、安心して死んでいく人たちも沢山いるはずだ。 安心して死んでいけるには、何が必要なのだろうか… 家族… お金… 周りの人…  自分は、愛されているから、安心して死ねるのだと思う。 そのためには、愛される人にならなければダメだ。 介護してくれる人に、「ああしろ!こうしろ!」 とか 「こうでなければダメだ」 など、自己中だったり頑固ではダメなのだ。 知識・教養・経験は、無いよりはあったほうがいい。 しかしそれよりも前に、相手を受け入れる心慈愛に満ちた心が大切だろう。 還暦は、生まれたときに帰り、第二の人生の出発なのだ。 「ここから」 では遅い。 「ここまでに」 愛される自分を構築しておくことが大切なのだ…    合掌  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1058-c3435e09

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。