八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/17 08:24|未分類TB:0CM:0
毎週火曜日は、母の介護に行く日だ。 家から6キロほど離れたところに実家がある。 介護を始めた4年前は、「ちょうどいい運動になる」 と、1時間ほど走って介護に行ったものだった。 最近は自転車で実家に向かっている。 今年の夏は暑いので、介護に行くのも大変だ。 しかし、最近は母に会うのが楽しみになってきたせいか、そんなに苦ではない。 人間というものは、一念発起して新しい行動に出るものの、習慣になるまでは何度もくじけそうになる。 最初の頃、寒い雨の日などは苦痛で、「いつまで続くのか… 早く終わらないだろうか…」 と思ってしまう自分がいた。 ところが、2年目を過ぎた頃には習慣になっていたので、人が思うより大変ではなくなった。 それより、痴呆も入ってきて息子だとわからない時がある母だが、必死に生きる姿は、母の最後の教えだと思えて愛しくなる。 15日の終戦の日にお墓参りに行った時、駐車場からお墓まで少々の階段や歩く道があるのだが、初めて自力で行くことができなかった。 3月に行った時はスイスイ歩いていたのだが… とてもショックだった。 帰りに靖国神社に向かい、歩けないので車の中から手を合わせ失礼した。 昭和4年生まれの母は、川崎の軍需工場で働いているとき終戦を迎えた。 戦前・戦中・戦後と必死に生きてきた母の人生を思うと、胸が熱くなる。 その後、レストランで母の好きなオムライスをご馳走したのだが、食べる量はメッキリ減った。 介護に行った朝、自分がにぎるおにぎりも半分しか食べなくなった。 透析を始めて5年と言われて8年が経った。 火曜日の習慣を、神様はいつ取り上げようとしているのだろうか…     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1063-7e9d5e3a

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。