八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/12 08:15|未分類TB:0CM:0
昨日は手違いがあり、配信できず大変申し訳ありませんでした。 きょうからまた、再開しますので、よろしくお願い致します。  さて、チリで起きた落盤事故で、33人が奇跡的に生存していた話題だが、ついに作業員の救出作業が始まる。 1人を地上に引き上げるためには、救出カプセルに乗っている約10~15分を含め約1時間かかるらしい。 政府は作業員を3グループに分け、最初と最後のグループは健康状態と精神状態が良い作業員にすると決めた。 2ヶ月以上も暗い闇の中に閉じ込められていたので、出てくるときにはサングラスをして目を守るそうだ。 地球の裏側から、歓喜の雄たけびを伝えるニュースが間もなく配信されるだろう。 しかし、その喜びに水を差すわけではないが、出てきた後には会社の倒産が待っているかもしれない。 奥さんがいるのに愛人が出てきた人は、どのように対面するのか、考えただけでもゾッとする。 しかし、これだけの忍耐を経験したのだから、そのくらいのことは、何とかクリアすることを祈りたい。 人間は、同じ苦しみ悲しみを乗り越えると、親子以上のができる。 戦争で修羅場を潜り抜けてきた戦友のようなものだ。 いよいよ間近に迫った救出作業では、作業員はみんな 「自分が最後に地上に出る」 と言い張っているそうだ。 救出中に事故が起きれば、救出作業が止まってしまう可能性があるのに… 2カ月以上を地下で共に過ごした仲間には、命にも代えがたい友情が芽生えている。 世界中が注目する救出劇だが、こんな素晴らしい作業員たちを、丸ごと抱える企業が出てくることを心から期待してやまない。   合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1097-1583c0a2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。