八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/16 07:37|未分類TB:0CM:0
平成22年大相撲九州場所2日目、横綱白鵬の連勝が63でストップした。  白鵬は今場所、大分県出身、伝説の横綱双葉山のお墓参りをしていた。  「日本の大横綱、双葉山の69連勝の大記録を自分が抜いてもいいのか…」 迷っていたという。  しかし、相撲を知る人は誰もが、「白鵬に抜かれるのなら、仕方がない」 と思っていた。  白鵬の、横綱の品格を重んじる考え方、相撲に対する真摯な姿勢には一目置いていたからだ。  残念だが、朝青龍だったら絶対にそうは思われなかっただろう。  相撲を武士道と思っている白鵬だからこそ、69連勝を抜く資格があった。  相撲ファンになって40数年、歴史的記録の瞬間に遭遇したかった。  白鵬は今場所、初日から7連勝すれば69連勝に並ぶはずだった。  前半に対戦する力士で、連勝を阻止する力士がいるとすれば、ガチンコ力士の稀勢の里か、安美錦だろうと思っていた。  奇しくも、それが当たったが、日本人力士期待の星、稀勢の里で良かったのではないだろうか。  双葉山の70連勝を阻んだのは、安芸ノ海という力士だった。  双葉山に勝った安芸ノ海は、後に横綱になる。  日本人力士期待の星、稀勢の里に、横綱になって欲しいと思っている人は自分だけではないはずだ。  それにしても、今回の九州場所はテレビを見ていても空席が目立ち過ぎる。  白鵬の69連勝が掛かっているにもかかわらずだ。  相撲協会の大改革は、すぐに始めなければならないだろう。     合掌    
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1119-3b39ca59

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。