八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/25 08:38|未分類TB:0CM:0
北朝鮮による延坪島砲撃事件は、民間人が2人死亡していた。  昨日までは、兵士が2人死亡と報道されていたが、あの砲撃で民間人に死者がいないのは奇跡だと思っていた。  「やっぱり」 と言うのが、誰もが思ったことだろう。  民間人の死亡者が、でるかでないかでは対応が大いに違ってくる。  韓国の李明博大統領は、弱腰と言われないような対応をしなければならないだろう。  日本も韓国・米国と連携して、しっかりとした対応しなければ、政権が危うくなる。  きのう、共同通信の世論調査で、菅内閣の支持率は23.6%という 「危険水域」 の数字が出た。  民主党支持率は22.1%に下落してしまい、自民党支持率の24.6%に、民主党が政権をとってから初めて逆転されてしまったようだ。  リーダーシップのなさ、事が起きたときの対応のまずさが、国民には不満にうつっている。  そんな中、今回の北朝鮮の攻撃に対する素早い対応のつもりなのか、朝鮮学校の授業料無償化をストップする措置をとった。  これはいかがなものだろう。  日本にある朝鮮学校の生徒たちは、北朝鮮の偏った授業を受けているわけではない。  色々なことがあって、日本で暮らさなければならなくなった人たちなのだ。  子どもたちには罪はない。  高校生ということは、すぐに成人する。  ここで偏見を持ってみるより、同じ目線で対応するわけには行かないものなのだろうか。  国も、「強くなければ生きられない。 優しくなければ生きている資格はない。」 と言えるのではないだろうか…      合掌  
  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1127-d8ed1f09

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。