八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/30 08:00|未分類TB:0CM:0
きょうはジェイコムの 「八波一起の街ネタワイド」 をお休みして、山形にいる。  もう10年MCをやっている 「山形ふるさとCM大賞」 の収録があるのだ。  全国で最初に 「ふるさとCM大賞」 を始めたのは山形だ。  11回目に突入する今年から、県内の市区町村が作るCMは、30秒から15秒になる。  30秒でも大変なのに、15秒で作らなければならないというのは、さぞや大変だったろう。  ふるさとCM大賞は、自分のふるさとを見直す絶好の番組だ。  一時は全国でやるようになったのだが、止めてしまうところもでてきている。  山形は全部の市町村が参加するが、他の県では全部そろうのは難しい。  みんなが一体となって進めなければ、CM大賞は意味がない。  しかし、作る側は面倒だし、テレビ局もモチベーションを保つのは、大変だ。  誰かが 「や~めた!」 と言ってしまえば、すぐに終わってしまう。  山形テレビのスタッフには本当に頭が下がる。  「継続は力なり!!」 と言うが、ふるさとCM大賞はライフワークだと思って、微力ではあるが、全力で応援する覚悟だ。  これからTPP(環太平洋経済連携協定)などで、第一次産業には大変な試練が待っていると思う。  東北は、日本の第一次産業を多く担っている。  今年は、秋田や福島には参加できなかったが、みんなに頑張ってもらいたい。  これからの地方局は、うわべではなく、真剣にふるさとを意識した番組作りをしなければ、生き残れないだろう。  21世紀は 「本物の時代」 どれだけ自分の 「ふるさと」 を愛しているかが問われる審査が始まる。     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1129-5187bc1a

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。