八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/16 10:16|未分類TB:0CM:0
菅さんが久しぶりにトップダウンの決断をした。  長崎の諫早干拓は、無駄な公共事業の見直しを訴え続けてきた菅さんにとって、政治の 「原点」 とも言える問題だった。  事業反対派の急先鋒(せんぽう)として、潮受け堤防が閉め切られた1997年以降、菅さんは繰り返し長崎県を訪れ 「(事業費)2500億円を無駄にしてもやり直しを」 と主張してきた。  言ったことはやる!  民主政権になってから、この部分がどうも欠けていた。  国民が政権交代を選んだのは、自民党の50年以上にわたる政治運営を、民主党に打破して欲しかったからだ。  民主党に変わったからといって、180度、簡単に物事が解決するとは思っていない。  少なくても、今まで曖昧だったダムなどの公共工事には、決着をつけて欲しかった。  創めてしまったものに、「反対・賛成」 賛否両論あるのは仕方がない。  「あっちを立てればこっちが立たない」。  しかし、このままではどっちつかずになってしまうので、トップの決断が必要だ。  良いか悪いかは、やってみなければわからない。  やってダメなら 「変えればいい」 と自分は思う。  小泉さんもそうだったが、曖昧にしておくほうがモヤモヤする。  「明日、農相が現地に入るので、今日決めないといけない」と最終判断を促す仙谷さんに、菅さんは「政治決断で俺に任せてほしい。これは上告してはいけない」と語気を強めたそうだ。  菅さんの強い決意表明に、仙谷さんも「そこまで言われるなら」と折れ、上告断念が決まった。  困ったときには原点に返って、「自然に返す」 で、いくべきだだろう。    合掌 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1142-842c0dc2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。