八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/21 09:30|未分類TB:0CM:0
きょう、パンダが上野動物園に来る。  リンリンが死んでから約3年、御徒町や上野界隈は 「パンダ効果」に期待する関連商品が次々と発売されていて、経済効果は200億円といわれている。  来日するパンダは、オスの比力(ビーリー)と、メスの仙女(シィエンニュ)だ。  石原さんが中国野生動物保護協会と交渉して、年95万ドル(約7800万円)に値切り、10年間借り受けるようだ。  初めてパンダを見たのは、今から40年ほど前のことだった…  昭和47年、日中国交正常化を記念し、「カンカン」と「ランラン」が上野動物園に贈られ公開された。  「客寄せパンダ」 とはよく言ったもので、凄い人気だった。  なにしろ、警備員の誘導に従い、ソロソロと順番に進み、パンダ舎に入ったと思ったら、「あっ!」 という間に舎の外に追い出された。  チラッと見えたパンダは寝ていて、想像していた白黒のかわいらしいパンダの姿はどこにもなかった。  年間400万~500万人だった来園者は、700万人台まで急増した。  しかし、リンリンが死んだ平成20年には300万人を割り込んだ。  今、旭川の 「旭山動物園」 は園長らの努力で、パンダがいなくても上野に匹敵する来園者がいる。  上野動物園は、パンダが来たからと胡坐(あぐら)をかいていたらダメだ。  うんと思考を凝らした動物園に変わってほしい。  そして、トキのように繁殖させ、「パンダを見るなら日本に…」 というくらいになってほしいものだ。  名前は、「ドンドン」 と 「ポコポコ」 で決まりだ。    合掌  


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1179-66c95360

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。