八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/03 09:00|未分類TB:0CM:0
巨人のドラフト1位投手、沢村拓一投手(22)が、オープン戦に先発で初登板した。  4回を打者13人、1安打に抑える投球で鮮烈なプロデビューを飾った。  近年見ている新人で、これほど勢いのある球を投げるピッチャーは見たことがない。  ストレートはホップするような球筋で、西武の中島もタジタジだった。  球が速いということは、フォークやスライダーが多少ボールでも、バッターは振ってしまう。  4回を投げて、外角に流れるスライダーを、中島がレフト前に運んだ1安打だけだった。  昨日の投球を見ていると、開幕投手が見えてきた。  巨人の新人で開幕投手をやったのは、堀内くらいしか記憶にない。  久しぶりに、超大物ルーキーが入団した。  この勢いを1年間キープできたら、20勝も夢ではない。  もしかしたら、ノーヒットノーランかパーフェクトもやってしまうかもしれない。  そのくらい勢いのある球を投げていた。  今年は、日ハムに斎藤佑樹が入って、パリーグが盛り上がっている。  しかも、西武に大石達也が入りライバル関係にある。  菊池雄星も、今年はやってくれそうだ。  楽天には星野監督が就任し、マー君と斎藤の投げ合いはドル箱になる。  メジャーから帰ってきた松井・岩村も楽しみだ。  オリックス・ロッテ・ソフトバンクも、虎視眈々と制覇を狙っていて目が離せない。  このパリーグに対抗するには、沢村の開幕投手しかないだろう。  しかも、開幕で初完封などやってみなさい、大盛り上がり間違いなしだ。  原監督も、そう目論んでいるのではないだろうか…     合掌  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1187-4009aec9

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。