八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/20 23:55|未分類TB:0CM:0
今年も、明日収録が行われる 『山形ふるさとCM大賞』 の司会の仕事で、これから山形に行く。  今から12年前、山形テレビの本谷さんが 「ふるさと」 の30秒CMを県内の市町村に自分たちの手で作ってもらい、一堂に会して審査する番組を企画した。  始まった当初は、全市町村が集まらなかった。  3年目くらいに、ようやく全部の市町村が集合して公正な審査が行われるようになった。  初めは目を覆いたくなるようなCMも間々あったが、今はプロ裸足のCMを作ってくるところもある。  田舎にいると、自分たちが住んでいるふるさとの良さに気づかない事が多い。  この番組ができたお陰で、山形の皆さんは1年に1度、オラが村の良さを再発見し見つめ直すことができる。  3月の東日本大震災で、東北のふるさとは大変な被害を受けた。  今年くらい 「ふるさと」 のことを考えた年はないのではないだろうか。  「ふるさとCM大賞」 は東北6県全ての県でやっているのだが、津波で壊滅的な被害を受けたふるさとや、原発で非難を余儀なくされたふるさとはどうなってしまうのか…   そんな折、福島放送から 「ふるさとCM大賞」 の司会の依頼があった。  自分は耳を疑った。  福島といえば、原発でふるさとから離れている人たちも多い。  それなのに、残されたいくつかの市町村が、CMを作ってくれているという。  自分は涙がでた。  どんなCMができてくるのか、精一杯応援してあげるつもりだ。  以前、CM大賞に参加してくれた浪江町・双葉町などの市町村のCMは、今となっては貴重な資料だ。  東北復興のために自分ができることは、何でもお手伝いさせていただく…     合掌        
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1229-c65d72d4

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。