八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/13 07:23|未分類TB:0CM:0
先日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加をめぐる事前協議の初会合が行なわれた。  日本政府は、農産物や鉱工業品など全9500品目のうち、まず、8割について関税をなくす方針を各国に説明した。  さらにどこまで自由化率を上積みするかは、相手国の出方を探りながら協議を進めていく方針だ。   自動車や農産物などの市場開放を求めている米国に対し、日本側は 「(コメなどの)重要品目について配慮しつつ、すべての品目を自由化交渉の対象にする」 との閣議決定の内容を説明した。  民主党の中には、いまだに反対派がいる中で、世界的には待ったなしの対応を迫られる形になりつつある。  このままいけば、農産物の関税撤廃になるのは必死だ。  とりわけ日本の主食のは、大きな打撃を被るだろう。  そうでなくても、自給率が低い日本の農業は、最大のピンチに晒される。  そんな中、牛丼の大手松屋フーズオーストラリア産の米を使用する方針を固めた。  今、国産米が東日本大震災でで高止まりしているので、外国産米にシフトをきったのだろう。  松屋は、牛めしの価格を1月に280円と値下げしている。  競争が激化している牛丼チェーンは、今後、各社が競って外国産米に移行するのではないだろうか。  米も外国産米、肉も外国産牛となれば、100円台の値段が実現するかもしれない。  日本の米が、まさに世界に晒されるのだ。  今までのような、小さな田んぼは崩壊し、大規模に展開していかなければならない。  いよいよ、新しい農業の形態が求められる時代が来たのだ!  これからは、日本の農業が大きく変わらなければ、日本が危ない    合掌    
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1242-be9b4eeb

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。