八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/03 08:08|未分類TB:0CM:0
先週、前田敦子さんがAKB48を卒業した。  報道ニュースに流れるほどの、フィーバーぶりだった。  AKB48は、「投票券・握手券を買わせる、儲け主義だ」 とか 「総選挙で人気ランキングを決めるのは、教育上良くない」 とか、批判の声がある。  自分も、その声は大変わかる。  しかし、前田敦子さんの卒業までの番組を見ていると、自分はAKBを間違って見ていた気がしてきた。  まだ幼かった前田さんの少女時代から、大人の女性になった今までの軌跡を見ていると、たくましく強い女性に変身している。  あの総選挙で揉まれ、トップを守ってきた経験から、チョットのことでは動じない自信と誇りすら感じる。  AKBの子たちは、「誰のファンかハッキリ言って下さい」 と言う。  そこには、遠慮や同情は要らないといった、強い覚悟がある。  自分が他の人より人気が無くても、しっかり受け止め、現実を直視している。  この、現実をしっかり受け止めるということは、出来そうで出来ない。  AKBの子たちは、自分が嫌だと思うことを言われても、しっかりと受け止められる、強い心が培われている。  「かわいそうだ!」 と思っていた総選挙が、実は強い心を育んでいたのだろう。  今、現実を直視できない人たちが多すぎる。  小学校の運動会で、「遅い子たち」 「早い子たち」 と、分けて走らせるのは、子どもに現実を直視させていない。  学芸会で 「桃太郎」 が何人もいるのも、同じことだ。  AKBの総選挙は、強い心を育てる素晴らしい教育なのかもしれない。  「いじめ」 を苦に、すぐに自殺してしまう子どもたちのヒントになる。  甘やかすことだけが教育ではない、ということを物語っている気がする…     合掌 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/1270-9cf1e62e

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。