八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/07 09:08|未分類TB:1CM:0
民主党の党首・小沢さんが大連立問題のけじめをつけるため、党首の辞職願を鳩山幹事長に提出していた。 辞表提出の時「党に身を預ける」と言っていたので「もしや」と思っていたが、辞意を撤回し、党首を続投することになった。 この二日間、小沢さんは何を考えていたのだろうか。 自分たちの民主党は「政権を運営する力はない」と言ってしまったので、民主党の人たちから反発があると思っていただろう。 しかし、参院選の大勝利は、選挙に強い小沢さんがいたからだと皆は思っていた。 今ここで党首が菅さんや鳩山さんに戻ったら民主党は終わってしまうだろう。 つまり、衆院選に民主党が勝って総理になるのは小沢さんでなければならないということだ。 民主党の人たちはそれを知っているので、小沢さんに続投を要請した。 今までの小沢さんだったら自分の意見が通らず席を蹴ったところで全てが終わっていた。 小沢さんはけっこう小心者で攻撃されると怒ってふてくされるガキ大将のようなところがあった。 しかし、今度の民主党党首になる時に「自分も変わる」と言った言葉を多少覚えていたのだろう。 だから頭に血が上り辞表を提出した時に「自分の身は党に預ける」という言葉になったのだろう。 民主党の執行部の再三の説得に「恥をさらすようだけれど続投する」となったことは、小沢さんも変わってきていると見るべきか。 鳩山さんは「雨降って地固まる」と言っていたが、そうなってもらいたいものだ。 今回の鳩山さんの対応は、なかなか素晴らしいものがあったと思う。 鳩山さんが小沢さんの右腕になり支えれば案外上手くいくのではないだろうか。 いずれにしても、民主党はもっともっと力をつけ、国民のための政策をどうするのか、そして、それをどう実現するのか、しっかり見ていかなければならない。 この後すぐにテロ特措法の対応や年金問題など、どう対処していくのか見物だ。 その前に小沢さんがきょうの民主党の会議で今回の騒動について、どのような説明をするのか大変に注目される。                合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
年金問題 解決策
税制・年金で遠い接点 自・民、先行き不透明 連立拒絶朝日新聞未納や無年金問題の解消を狙っている。 だが、民主党案では年収1200万円以上の人は最低保障年金をまったく受け取れない。こうした年収による給付制限のほか、財政難を口実にした給付水準の引き下げを招くのでは
年金問題について考える 2007/11/07(水) 18:36
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/369-1541f46e

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。