八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/25 08:08|未分類TB:0CM:0
母は弟の家族と暮らしていて、月・水・金の週3回近くの病院へ人工透析に行っている。 もう7年になるのだが、最初の頃はバスに乗って一人で行き帰りしていた。 3年目くらいから足が弱って来たため一人では危なくなりコムスンの生活援助サービスを受けるようになった。 透析の日の朝は車で病院まで送り迎えしてもらうようになった。 その頃の介護する人は毎日決まった人が来てくれて母を車に乗せ病院の透析ルームまで一緒に行ってくれた。 ところがコムスンが事業所指定を打ち切られ、他の会社に頼まざるを得なくなった。 すると送り迎えは決まった人が来るのではなく、義務的に数人が派遣されて来る。 介護をする方も自分の母親のように親身になって手を差し伸べる人「ここまではやりますが、ここからは別料金に」なります」と平気で言う人もいる。 確かに介護といえどもサービス業である以上そうなる事も分かる。 大阪府の朝礼でサービス残業の事で知事に食いつた女性がいたが、どこまでがサービスでどこまでが料金が発生する仕事なのか大変難しい問題である。 今、母の介護をしてくれてる会社は、トイレに幾ら、透析ルームまで連れて行けば幾らと、どんどん料金が加算されて行く。 利用者の負担は1割なのだが、介護報酬単価は、30分以上1時間未満で身体介護が4,020円、生活援助は2,080円掛かる。 それにどんどん追加料金が払われて行くと、利用者負担も大変だが、国に請求される金額もこのまま行けば破綻する。 介護を必要としない家庭でも、いつ介護の世話になるかもしれない。 本来なら家族が支え合えれば一番いいのだろうが、なかなか理想通りに行かないのが世の常だ。 コムスンは会社のトップが馬鹿だったのだが、下で働いていた人たちはいい人も多かった。 奉仕の精神を持った人が多かったように思える。 今もそのを持った人ばかりと思いたいが、仕事と割り切る人も多い。 訪問介護は2006年度の制度改正で利益を出しにくい報酬体系になった事や、人手不足などに伴う経営難で事業所が減少している。 高齢者が増えている中、この問題も早急に解決して行かなければならない問題だ。                                              合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/463-94b5c733

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。