八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/26 10:47|未分類TB:0CM:0
きようは、色々と書きたいことがあるのだが、野球で育った世代としてはメジャー開幕戦の話を書かない訳には行かないだろう。 日本でのメジャー開幕戦は、松井秀喜のヤンキース以来二度目になるのだが、今回はなんといっても開幕投手が日本人の松坂だけに日本中が注目した。 長い歴史のある大リーグで、開幕投手になったのは野茂(当時ドジャース)以来松坂が二人目だ。 しかも、9回に登場したのは元巨人の岡島だったのでボルテージはさらに上がった。 その岡島はラミレスが決勝の2点本塁打を打ったので勝ち投手になったのだ。 日テレも珍しく22時半まで延長して試合終了まで放送する予定だった。 しかし、延長戦に突入したため最後まで放送することが出来なかった。 スカパーのコマーシャルのように、一番いい所で、「残念ですがここで失礼します」とアナウンサーの空しい声を今年も聞いてしまった。 日頃の「行いの悪さが祟る」とはこの事だろう。 ところで、2人目の子どもが生まれたばかりの松坂は、今年は大丈夫だろうか。 昨年の課題であった、立ち上がりの悪さと制球難は今年も健在のようだ。 初回、何気なく投げたストレートをホームランされ、その後三連続四死球を出すなど、2回までに60球も費やした。 3回からは立ち直ったものの5回を投げた段階で95球、メジャーは100球がめどなので降板せざるをえなかった。 せめて逆転してもらった6回までは投げて欲しかった。 そうすれば勝ち星がついていただろう。 次の登板までにはしっかり立て直して、子どものためにも頑張って欲しい。 それに引き換え岡島は、後楽園球場は故郷のようなものだから緊張したはずだ。 巨人フアンは此処で、岡島が何度も打ち込まれる姿を見てきたので内心ハラハラしていたはずだ。 しかし、9回同点の場面で出てきた岡島はメジャーの器になっていた。 1点も取られてはいけない場面で、一発のある代打スウィニーを歩かせ後続を見事に打ち取った。 昨年から何かと松坂が目立ってしまうのだが、仕事の量から言えば岡島の方が遥かに大変だった。 にもかかわらず年俸は松坂に遠く及ばない。 後楽園の神様はそれを知っていて、開幕投手の白星を岡島にプレゼントした。 ふるさとの神様は粋なはからいをしたものだ…        合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/464-7c1f857d

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。