八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/01 10:05|未分類TB:0CM:0
きょうは母の79歳の誕生日である。 母は月・水・金と人工透析をするようになり7年目に入った。 糖尿病からくる腎不全なので当初の話では3年がめどと言われていた。 今でも血管はかなり損傷しているはずなので、いつ心臓が破裂するか分からない。 兄弟は少しでも長く生きていて欲しいと願っているのだが、こればかりは誰にも止める事など出来ない。 自分は50歳を過ぎてから見えてきたものがある。 それは「死」ということだ。 人間は生まれて来た瞬間から死に向かって歩み始める。 その人生の中で色々な勉強や経験を積み、一人の人間が形成されていく。 祖母が生きていた時は「魂」の話をよく聞いたことがある。 悪い事をしたら「閻魔様に舌を抜かれるよ」とか「地獄へ落ちるよ」と言われたものだ。 誰も見ていないと思っても「お天道様が見ているよ」「神様はすべてお見通しだよ」とも言われた。 人の死に立ち会うと人生感が変わるというが、人の生き死には、必ず自分の身に降りかかってくる。 よく「人生は修業の場だ」というが、どういうことなのか。 宗教の勉強をしだすと解けてくることが沢山ある。 たとえば、「あの世」という所を信じるか信じないかで考え方に大きな隔たりが出て来る。 あの世があると思う人は、「死んだら肉体は滅びても『魂』はあの世に行き、再び輪廻転生して、この世に戻って来る」という仏教の教えを信じるだろう。 仏教的に言えば、その生と死を繰り返す輪廻の中で、己の魂を磨く作業「人生の修業の場」ということだ。 生まれたら世のため人のために奉仕し、少しでも己の魂を清めることが最終的には神の国に行けるという考え方だ。 日本民族は国有の伝統的な宗教的実践と、それを支えている生活態度の理念である「神道」を信仰してきた。 大二次大戦後に解体されてしまったのだが、今でも信じている人は多い。 宗教上、人間のもつ恨み・つらみ・ねたみ・そねみ・憎しみ・嫉妬は一番良くないものとされている。 それに一番尊いことは奉仕の精神だ。 無差別殺人とは全然関係ないような話をしてきたが、ここから直結してくる。 その話は長くなるので明日書くことにする。                                                           合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/468-d94ed736

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。