八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/07 10:24|未分類TB:0CM:0
きのうのゴールデンタイム、フジテレビで放送していた北京オリンピック最終選考会、全日本選抜柔道体重別選手権大会は、なんともお粗末な番組だった。 井上康生や谷亮子がオリンピックへ行くのか、とても興味深いことなので「篤姫」ビデオに撮り見ることにした。 日本人同士の対戦なので自分の大嫌いなブルーの柔道着が出てこなかったのはとても良かった。 お互いが礼に始まり礼に終わる柔道を意識していた点も良かった。 勝っても負けても礼をする態度は武道を世界に知らしめる良い機会になる。 しかし、登場してくる時にお互いの名前をプロレスのリングアナのような盛り上げ方で呼んでいた。 年末のK-1やプライドを見ているような入場の仕方は更に引いてしまった。 武道を意識したかったのかショー化していきたいのか、相反する演出だった。 その中で出場した崖っぷちに立たされている井上康生棟田との準決勝で相手への指導で優勢勝ちした。 100kg超級は、おそらく棟田との代表争いになるだろう。 しかし、世界での実績は棟田の方が1枚も2枚も上にいる。 29日の全日本選手権で棟田にどう勝つかでオリンピックが見えてくる。 しかし、きのうの試合を見ていても、ほとんどが優勢勝ちで、何か物足りない内容だった。 決勝は同じ総合警備保障の生田だったので得意の内股で一本決めたが、柔道は一本勝ちで勝敗を決めて欲しいものだ。 谷亮子は48kg級決勝で山岸絵美と対戦、開始30秒、送り足払いで効果を取った。 しかし、その後は守りに入ってしまい山岸のともえ投げで有効を取られ、更に大外刈りを返され再び有効を取られ完敗した。 にもかかわらずオリンピックの代表は谷亮子になった。 女子はこの日オリンピックの代表が決まった6人のうちこの大会で勝ったのは52㎏級の中村だけだった。 「五輪で対戦するのは外人だから」国際大会の実績が重視される選考理由がある。 この日63㎏級でライバルの谷本を破った上野と谷に完勝した山岸涙を飲む結果になった。 「山岸は21歳で次がある」という人は多いだろうが、オリンピックは4年に1度しかない。 誰もが納得できるような選考をして欲しいものだ。 それにしてもオリンピックの柔道はきのうのようなレスリングのような柔道を見なくてはならないのだろうか…                                          合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/473-67f1a1d9

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。