八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/14 11:45|未分類TB:0CM:0
きのうの東京新聞に現在の日本で悪い方向に向かっている分野に「物価」「食糧」を挙げた人が42.3%40.9%で、ともに昨年一月の前回調査の約三倍に急増した。 内閣府は「原油や穀物価格の上昇が国民生活に影響を与えたためではないか。相次ぐ食品の偽装表示や中国製ギョーザ中毒事件も影を落とした」と分析しており、食料品の値上げや「食の安全」への懸念拡大を裏づけした形になった。 確かに4月に入り生活必需品が値上げしだし、消費者はもちろんだが、企業や町の商店でも大変な思いをしている。 小麦や大豆が値上がったからと言って、豆腐だうどんだとすぐに値上げしにくいのが商人の気持ちだろう。 ただでさえ、大型店にお客を奪われている商店街の人たちにとっては死活問題だ。 今、レギュラーを頂いている「とびっきり!しずおか」「八波におまかせ」のコーナーで頑張れ商店街と題して静岡の商店街を紹介しているので商店をやっている人たちの気持ちが痛いほど分かる。 その中で、総菜屋さんのご主人が「うちは昔から地元の食材を中心に出来るだけ国産の物を使うようにしていたので値段を抑えるのが大変だったが、やっと日の目を見られる時代が来た」と喜んでいた。 さらにご主人は「中国産を使えば安くは出来るが、うちはお客さんに来てもらってナンボの商売、安心して食べてもらうことが一番なんです」と言っていたのが印象的だった。 いつも言っている事だが、20世紀の物質文明で「より早く、より安く」を追求するがゆえに食の安全が蔑ろにしてきてしまった。 ファーストフードの店も蔓延していたが、ここに来てデニーズが店舗を縮小するようだが、安心して食べられる食材・メニューを提供できない店は淘汰されていく。 やはりいい品は値段がそれなりに高くなってしまうのだ。 「物価」を下げて「安心」も欲しいと言うのなら「食糧」は日本で作るしかない。 消費者は、曲がったキュウリでも形の悪いトマトでも感謝して食べなくてはいけない。 今、世界中で食糧不足になりつつある。 ベトナムが米の輸出を制限したのでフィリピンでは米不足で値段が高騰している。 今まで農家に減反を強いてきた日本政府も考え直す時が来た。 国会でもめている場合ではない。 早くしないと今年も田植えが間もなく始まる。                                             合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/477-a1181fea

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。