八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/15 11:03|未分類TB:0CM:0
明日に迫った浅草神社三社祭で見応えのある本社神輿の「宮出し」や各町の渡御(とぎょ)が今年は行なわれない。 三社祭というのだから、三基ある本社神輿が「宮出し」され各町内を巡る渡御が行なわなければ三社祭とは言えない。 今年は浅草町内祭りとでも名前を変えようか。 毎年、一之宮・二之宮・三之宮の神輿が三日間ある祭りの最終日に宮出し・渡御を行なう。 祭りの興奮は最高潮に達し、その迫力熱気を見に来る人たちが昨年は約85万人もいた。 今年は44ヶ町の町内神輿のみなので迫力不足は否めない。 なぜ宮出しが禁止になったのかというと、「神輿乗り」禁止を守らなかったからだ。 皆さんも一度は神輿に乗って扇子を振りながら煽る姿を見たことがあるだろう。 これを神社側が伝統や風習を守る観点から禁止を通達した。 しかし、昨年何人かの男たちがこれを無視する形で神輿に乗り、中止に至ったのだ。 そもそも祭りというものは、神を祭る儀式で、その神幸の際に「神霊が乗る輿」が神輿なのだ。 その神の乗る輿に人間が乗ってしまったら、神様と同じ位置になってしまうのだ。 おそらく全国の祭りに参加して神輿を担いでいる人は沢山いるだろうが、神に捧げる厳かなものだと知って担いでいる人がどのくらいいるだろう。 これは神事で自分の都合を前面に出してはいけないのだ。 カッコ良さとか派手さなどはいらないのだ。 重い神輿を担いでいると、その重さに体がだんだんついて行けなくなってくる。 それでも担ぎ手全員の心気を整え心を一つに合わせると、神輿が一定のリズムの中、宮の中に入って行く。 心の合わない神輿は暴れ、神輿も傷み、リズムはバラバラだ。 最後の宮入りの時は、体力も気力も限界になってくると頭が真っ白になる。 その時、全員が心を一つにすると、本当に神様が神輿に乗り込み、スゥーと宮の中に入って行くようになる。 その担ぎ手の真剣さ・厳かさ・気合いが見ている人の心を打つ。 その姿が粋でカッコイイのである。 今年の町神輿でも、まだ理解できずに神を冒瀆する神輿乗りをするようなことがあれば三社祭は終わってしまう。 もう一度原点に立って祭りの日を迎えることだ。              合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/500-6788eb3c

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。