八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/02 08:04|未分類TB:0CM:0
世の中で落書きをしたことがない人が何人いるだろうか。 自分も若かりし頃、何処だったか忘れてしまったが相合傘に好きな子の名前を並べて書いたものだった。 若かりし頃はお金など縁の遠い極貧生活をしていたのでイタリアなどには行けなかったので世界遺産に落書きをしないですんだ。 岐阜市立女子短大の学生が、世界遺産になっているフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂自分の名前を落書きした。 短大生は今年2月15日から22日までイタリアを訪問したが18日大聖堂を訪れ、1年生の一人が友人6人の名前と短大の略称「岐女短」の文字を入れた。 略称を入れなければ誰が書いたか分からなかっただろうが、落書きというものは得てして自分を主張したくなるものだ。 短大生と引率教員は手紙で大聖堂側に謝罪した。 大聖堂からは「謝ってくれればいい」と返事があったという。 おそらく、それを機に大聖堂を徹底的に調べた御仁がいたのだろう。 今度は水戸市の常盤大高校の野球部監督(30)が2006年1月に新婚旅行で大聖堂に行き、二人の名前を落書きしてしまった。 この事により、同校の校長が会見し、監督を解任した。 確かに世界遺産に落書きするという行為は少々常識を逸脱している。 周りに沢山の落書きもあり、新婚旅行で浮かれていた事もあるだろう。 聞く所によると「二人の名前を書くと幸せになれる」と言われペンを売られたと言う。 自分がもし監督の立場であったら、やはり落書きしていたかもしれない。 しかし、やってしまった事が事実であるなら、自分が出て来て「申し訳ありませんでした」と男らしく謝るべきだった。 そうすれば許してもらえたのではないか。 人間は悪気は無いのだが、つい調子に乗って羽目を外してしまう事がある。 そういう時はハッキリ謝ることだ。 今回の事で悪気がなくても罪になることが沢山ある事を知った人も多かったことだろう。 21世紀は「本物の時代」 しっかりとした行動を取れる自己を確立することが肝心だ。 ただし、吊るし上げる側も重箱の隅をあまりにも突っつきすぎないことだ。 新婚の監督に人柄がいい人なら解任までしなくてもよかったかもしれない。 居酒屋タクシーの件もタクシー側にも行き過ぎはあったかもしれないが企業努力でもある。 「本物の時代」こそ惻隠の情が必要になってくる。                         合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/535-f89c96d5

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。