八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/03 09:12|未分類TB:0CM:0
我が家の近くに目黒通りがある。 目黒通りを、目黒ー白金ー三田ー東京タワーー新橋ー日比谷ー東京駅南口まで行く路線バスがある。 このバスで行くと我が家の菩提寺銀座へも210円で行けるので時間に余裕がある時には必ず使う。 このバスに乗ると、いつも三田にある慶応大学の近く「ラーメン二郎」なる店があることを確認する。 この店はバスが通過する時、開店しているためしがない。 何度かに一度開店している時に遭遇すると、いつも行列が出来ている。 おそらく、そうとう美味しいラーメンを食べさるのだろう。 一度は食べてみたいと思い、通る度に確認するのだ。 そんな折、池袋で芝居を見た後、お腹が空いていたので、池袋と言えばつけ麺大勝軒をおいて他にない。 足を進めると池袋南口にある大勝軒の隣に20人程の行列がある店があった。 午後4時、食事時でもないのに行列を作る店とは、どんな店だろうと看板を覗くと、なんと「ラーメン二郎」と書いてあるではないか。 大勝軒の味は知っている! 「ラーメン二郎」に並ぶことにした。 店の中はU字型のカウンターしかなく20人位しか入らない。 自分が並んだすぐ後ろに坊主頭の野球部と思われる高校生が5人程続いた。 30分程経っただろうか、チケットを買うのに種類はラーメン一種類しかなく、あとは豚肉を入れるか大盛りにするか、煮玉子を入れるかを選ぶ。 初めてだったので、せっかく並んだのだから大盛り豚入り煮玉子で千円払った。 後で気付いたのだが、後ろに並んだ学生たちは全員普通盛りのラーメンだった。 ラーメンが来る前に野菜・にんにく・背脂・辛味は無料で入れてくれるので何を入れたいのか聞きに来る。 とりあえず、野菜・にんにくを頼み待っていると大きなドンブリに山盛りのモヤシが入ったラーメンが目の前に置かれた。 周りの人はギャル曽根を見るような目で自分を見つめた。 「まいったぁ~」心の中で叫んだが、後のまつりだ。 店の人も「食べられるのか~」というような目で見ている。 ここで食べなきゃ男がすたると思い、気合いを入れて箸を割った。 麺は細めのウドンといった太さで、スープはこってりした豚骨で油が上に浮いている。 大量のモヤシはそのスープにからめるから美味しいのだ。 外を見るとまだまだ人が並んでいる。 ゆっくりと味わって食べているわけには行かない。 黙々と食べ続けた。 10分くらいだったのだろうかスープは残したものの麺はすべて食べた。 「ざまぁ~見ろ」と得意げな顔をして周りを見ると、誰もこちらを気にする人はいなかった。 帰りの電車の中で、喉までラーメンが込み上げてきて抑えるのが大変だった。 その夜、何度もトイレに駆け込んだ。 結局「ラーメン二郎」の味は良く分からなかった。 これからはメタボもあるので大盛りは食べないことにする。                                合掌  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/536-f3f4b89c

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。