八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/15 13:01|未分類TB:0CM:0
きょうは63回目の終戦記念日。 310万人もの犠牲者を出し、誰もが打ちひしがれ、空虚の中で聞いた玉音放送は遠い昔になってしまった。 北京五輪が開かれている今年は、世界の目が北京に向けられ、心の底から「戦争を二度と繰り返してはいけない」と回想する人がどれくらいいるだろうか。 世界は近くなった。 あの時、憎しみ殺しあった国民どおしが、今はスポーツで競い合っている。 本当に平和な世界になったと思いたいのだが、北京五輪と同時に起きたグルジアとロシアの紛争を見ると、いつこの平和が崩壊するか分からない。 イランやアフガニスタンでは今でも争いが続いている。 人間はなかなか学べない動物だ。 北京五輪を見ていても、一生懸命自国の選手を応援する気持ちは分かるが、相手のミスを手を叩いて喜ぶ姿は如何なものか。 バレーボールも体操も敵になった時の日本は未だに大戦の時の日本軍を連想しているのだろうか。 そして自国の選手にも勝った者には賞賛を与えるが、負けた者には非難を浴びせる姿には中国もまだまだ精神的に学ばなくてはならない部分が多い。 学ばなければならないと言えばフジテレビだ。 今回各局の五輪中継を見ていて番組を作る姿勢を疑うことがある。 きのうのフジテレビ五輪中継古田(元ヤクルト)がメインをしていて、コメンテーターに柔道の井上康生がいた。 きのうは今回日本の旗手を務め柔道100キロ級で金メダルを期待されていた鈴木桂治一回戦で一本負けし、敗者復活でも一回戦で一本負けした。 その放送をしていたのだから、井上には鈴木桂治の気持ちは痛いほど分かったはずだし、五輪選手の精神状態や試合に望む前の気持ちを語れたはずだ。 にもかかわらず、一番聞きたい部分を聞かず、ただ残念だとしか引き出せない番組は大反省すべきだ。 一番耳障りだったのは、北京に行っているダウンタウンの浜ちゃんだ。 このフジテレビでスポーツでも偉そうにしているが、この日は「何様なの?」と思ってしまった。 井上康生には「お前腕を上げたな」とお前呼ばわり。 古田に至ってはくってかかるような話し方で聞いていて情けなくなった。 少なくとも五輪での番組で金メダルを取った日本を代表する柔道家と監督までやった名選手に「お前」はないだろう。 同じ局の「とくダネ」の小倉さんとの違いに人柄の違いを感じた。 日本も中国のことを言えない人が沢山いるということか…                                               合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/569-202aafd0

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。