八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/18 11:03|未分類TB:0CM:0
この土曜・日曜とブログをお休みしている間にも、北京五輪では日本人の活躍が目についた。 柔道100キロ超級で金メダルを獲得した石井慧(さとし)は国士舘大生の21歳。 年齢からいけば3連覇も夢ではないだろう。 彼は全日本選手権に優勝した時、井上康生棟田など有力候補がいた。 井上康生は一本にこだわった昔からの日本の柔道なのだが、石井の場合「きれいな一本より勝利」を念頭にしている。 「きれいな一本を、なんて言っているやつは芸術家にでもなればいい」「残り30秒でリードしていたら、自分は絶対に逃げる」とまで言っている。 今回の決勝戦では「あれが自分の柔道です。 決勝は冒険もせず、完全に勝ちに行きました。」と言ってのけた。 柔道が新しい時代に入ったのだろうか。 逆に銀メダルだった女子78キロ級の塚田は、残り10秒で中国のトウ(人ベンに冬の二点がニスイ)文(トウ・ブン)に金メダルを取られてしまった。 石井からすれば「絶対に逃げれば良かった」だろう。 まぁ、そこにこだわるか、こだわらないか、意見が分かれるところだ。 自分は弓道をやるので石井の考えに同調出来ない。 弓道は全身全霊を込めた射をして、中(あ)たった射でなければならない。 安易に中てに行く射は良しとしないのである。 女子の谷本選手のように一本にこだわり、これぞ柔道を見せてもらいたいものだ。 さて、女子のレスリングがこの土・日に行なわれ、吉田沙保里伊調馨(かおる)が金メダルだった。 日本の女子は強い!と世界の人が思ったのではないだろうか。 外国の人たちは日本人をどう見ているのか、とても興味がある。 ただひとつ言わせてもらえば、日本人選手の人たちには勝っても負けても正々堂々と戦い、真摯な態度を崩さないでほしい。 あまりに過剰なガッツポーズなどは似合わない。 そっと慎ましいガッツポーズをするように心がけてもらいたい。 レスリングで審判の判定への不満から銅メダルをマットに投げつけた選手がメダルを剥奪されたが、審判の判定は本当に難しい。 柔道もそうだし野球でもそうだが、判定一つで結果が変ってしまう。 他人の人生を変えてしまうかもしれない審判員は本当に大変だ。 だから審判員の要らない競技はなくしたほうがいいのかもしれない。 100m走のボルトが9秒69の世界新記録で金メダルを取ったが、早い者が勝つ競技は分かりやすくて面白い。 本来オリンピックは「より早く、より高く、より遠くへ」だ。 陸上・水泳が面白いのはそういうことなのだ。                                                                    合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/570-d08931d5

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。