八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/17 11:05|未分類TB:0CM:0
米国の証券大手のリーマン・ブラザーズが経営破たんしたニュースが世界を駆け巡った。 きょうの新聞の紙面もほとんどのページにこの記事が出ている。 自分としては「それ程世の中に影響を与える破綻だったのか」くらいの認識しかなかった。 150年前にドイツから来たリーマン兄弟が作った会社らしいが、我々には対岸の火事にしか思えない。 そんなことを言うと「世の中を知らない愚か者」と怒られそうだが、日本もいいかげんアメリカ依存から脱却しなくてはならない。 自分は経済のことは良く分からないが、日本のバブル崩壊とどこが違うかは解る。 いつも言っていることだが、20世紀は物質文明で人間はありとあらゆる物質を生み出し、色々なものを作り出してきたきた。 この世紀は激動の時代で、わずか100年でそれまでの19世紀をしのいでしまった。 そのつけが地球温暖化や環境破壊をまねき、このままでは地球崩壊の危機にまでなってしまった。 しかし、時代を発展させるために神様は多少のリスクは見逃してくれていた。 その最後にバブル崩壊があって日本人はかなり痛い目にあった。 銀行も生保も国に助けてもらったが、それまでとは考え方を変えなければならないきっかけになった。 21世紀は精神文明で「本物の時代」に入った。 偽者は排除される時代だ。 それなのにブッシュ大統領はサブプライムローンを容認した。 その時点で、このことは目に見えていてのだ。 それだけではなく、ブッシュ大統領は戦争も始めている。 「本物の時代」にこのようなことをしていたのでは、天に向かってつばを吐くようなものだ。 世界の心無い金融機関は、一攫千金を狙って原油市場にお金をつぎ込み値段を吊り上げてきた。 こんなことが許されるはずは無い。 必ず罰を受けるときが来るはずだ。 今のアメリカを見ていると、「精神文明」に入っている事を無視して、欲望だけに動いている人が多すぎる。 こんな国に依存していたのでは共倒れになってしまう。 日本はアメリカを刺激しないように、少しずつ距離を置くべき時に来ている。 日本の選挙も近づいてきたが、政治家はそこのところを心の奥に持っておくことが、どうやら必要のようだ。       合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/592-b10a9507

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。