八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/22 11:24|未分類TB:0CM:0
巨人がついに最大13ゲームもあったゲーム差に追いついた。 今年の夏のオールスター戦の時にはほとんどの人が優勝など諦めていたはずだ。 自分も、今年はクライマックスシリーズに出れればそれでいいか、と思っていた。 しかし、開幕前の巨人の戦力をみれば、誰もが巨人優勝の二文字を挙げていた。 ここのところの10連勝は、鈴木尚・木村拓がかき回し、小笠原・ラミレス・李承のクリーンナップがかえし、高橋由・阿部が控えて絡んでくる理想のパターンの試合運びになってきた。 難を言えば先発ピッチャーがもう少し頑張れば無敵の軍団になる。 長嶋さんのメークミラクルのときは巨人の生え抜きが多かった。 しかし、今度は移籍組みが大活躍している。 今まで清原・ローズ・ぺタジーニと凄い四番を集めてきてもダメだったが、その違いは何だろうか。 自分は、小笠原のガッツがナインに浸透してきたからだと思う。 小笠原は足の手術で出遅れたが、夏を過ぎるくらいから絶好調になってきた。 前半は足の違和感との戦いだったはずだ。 それでも泣き事言わず全力でプレーする姿はナインにいい刺激を与えたと思う。 これだけ急速に阪神に追いついたのは小笠原の活躍があったからだ。 北京オリンピックには絶対小笠原を連れて行くべきだった。 それと、新人の坂本を使い続けた原監督の手腕も評価していいだろう。 出だしは彗星のごとくデビューした坂本だったが、夏場を迎えるあたりから体力的に疲れが出ていた。 打率も二割そこそこまで下がったが原監督は坂本を使い続けた。 モナ問題のあと復活した二岡にも、ショートのポジション渡さず坂本を使い続けた。 それが、投手陣にも波及して若手のピッチャーが次々と出てきた。 いよいよ終盤戦だ!!このまま一気に阪神を突き放し優勝してもらいたい。 阪神もこの屈辱を、そうは簡単にさせないだろうから残りの試合に目が離せない。 久しぶりに日本のプロ野球が面白くなってきた。        合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/595-31f8bd0c

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。