八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/02 10:08|未分類TB:0CM:0
最後は渾身のスゥイングで空振りの三振だった。 きのうの京セラドームで行なわれた、オリックス対ソフトバンクの最終戦が、清原の現役最後の試合になった。 PL学園で桑田・清原の「KKコンビ」で甲子園を熱狂させた二人が、くしくも同じ年に現役を退いた。 現役最後の試合は開始前に王監督から花束の贈呈があり「来世では同じチームでホームラン競争しよう」と言葉をかけられた。 アメリカからはマリナーズのイチローが駆けつけ見守った。 桑田もその雄姿を見に来ていた。 試合後のセレモニーでは阪神の金本が花束を手渡したあと、清原の打席に入るときのテーマ曲「とんぼ」を長淵剛本人が熱唱した。 京セラドームに駆けつけた3万人の観客も大合唱して清原の現役引退を惜しんだ。 最後の言葉では「感謝」のメッセージに終始していた。 今まで、現役を引退する選手が公式戦で、これだけのセレモニーをしてもらえた選手が何人いただろうか。 清原は現役23年の中で、一度もタイトルを取ることはなかった。  巨人に入りたかった清原は、巨人に指名されず西武に行った。 しかし、その西武では新人王を取るなど11年間に素晴らしい成績を残した。 そして憧れの巨人にフリーエージェントで入ったが、西武の時のような成績は残せなかった。 最後にプレーしたオリックスでの3年間は、はっきり言ってなんの貢献も出来なかった。 それでも何億もの年俸をもらっていたのだから、オリックスに対しては感謝と共に何かの形でお返しをしなければならない。 タイトルを一度も取らない選手がこれだけのセレモニーをしてもらうのは異例のことだろう。 そういう自分の運命に感謝すると共に、これからの行動がいかに大切になってくるか心しなければならない。 もう、浪花節の人生だけでは通用しない。 世界の王さんと来世で同じチームでホームラン競争するためには、己を律し、人格を磨き、お世話になったプロ野球界に貢献することが必要になってくる。 頑張れ清原!そしてお疲れ様!!     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/603-05806967

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。