八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/01 10:54|未分類TB:0CM:0
きのうは「とびっきりしずおか!」でキャスターをやっている山口美紀さんの結婚式があり、メインキャスターの大沼さんと出席した。 とても綺麗な花嫁さんで新郎が羨ましかった。 しかし、我が家も三人の娘がいるので、新婦側と同じメデタイのだが複雑な気持ちだった。 披露宴で縁を結ぶことはけっこう簡単だが、縁起を尊ぶことが大切であるとコメントした。 結ばれた赤い糸は、とても太い時もあれば、限りなく細くなる時もあるものだ。 我が家も結婚して24年過ぎたが、切れそうになったことが何度もあった。 ところが、この赤い糸は切れそうで切れない、とてつもなく丈夫な面がある。 しかし、どんなに太く見えても、あっさり切れてしまうもろい面もある。 親子は血縁という縁で結ばれているので、決して切れることはない。 残念だが、夫婦の縁は尊ばなければ、案外切れやすいのかもしれない。 お互いが、思いやり・いたわり・慈しみ・尊ぶ気持ちを持たなければ簡単に切れてしまうのだ。 長く夫婦をやってくると、色々なことが起こる。 そのつど、何があってもその切れそうになった赤い糸を紡ぎ補強するのだ。 喜びも悲しみも楽しさも苦しさも夫婦で乗り越えていかなければならない。 そんなことを20年もやってくると、その糸の太さが安定してくる。 その時がこの人でよかったと思える瞬間で、結婚式で神父さんが言った、死が二人を別つまでとなるのだろうか… それにしてもこれからの夫婦は、食の安全年金問題から地球温暖化食糧危機まで大変な時代が待っている。 幸せな生活ができ、安心して子育てをし、歳を取ってからも辛い思いをしないような世の中にしなければならない。 みんなの心をチェンジしなければ、運命は変らない。      合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/641-080cd859

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。