八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/06 09:19|未分類TB:0CM:0
今年の正月は、2日・3日と実家に帰り、今年80歳になる母の介護をした。 母は月・水・金と人工透析をしているので、朝8時半には透析の病院に送ってくれる介護の車が迎えに来る。 ところが、正月は介護する会社が休みなので、自分が送り迎えをすることになった。 最近、母は痴呆が進んできていてトイレの処理も綺麗に出来なくなっている。 透析の病院に、ウンコ臭い母を送り出すことは病院の皆さんに申し訳なく、初めて母の下の処理をした。 いつもやっている妹なら問題はないのだろうが、息子にやらせるには母もかなり抵抗があったらしく、なだめたりすかしたりしながら初めて母の下の世話をした。 介護とは、いやでも人間の老いた姿を目の当たりにするもので、辛い気持ちと同時に自分の将来の姿が頭の中を横切る。 自分の中では、元気で長生きするには、70歳がターニングポイントだと思っている。 60代まではメタボだ、糖尿だ、血圧が高いとなどと言われても、それなりに生活を送れるものだ。 ところが、70代に入ると、元気な人と、そうでない人との差がハッキリ分かれてくる。 自分の母も70代に入ってから糖尿による腎不全になり、透析をせざるを得なくなった。 人間の四苦八苦の中に、生・老・病・死(死ぬ苦しみ・老いる苦しみ・病気になる苦しみ・死ぬ苦しみ)というのがあり、死にたくても死ねない苦しみがある。 こうなると介護する方も、される方も辛い日々を送らなければならない。 だから、団塊の世代が70代に突入する前に、今から摂生して介護を受けなくてもいい体を作ってもらうことは当たり前だが、いつでも介護できるシステムも構築することが急務になるだろう。 こんなことを教えてくれた母に感謝しなければならない。         合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/663-93735c79

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。