八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/02 10:24|未分類TB:0CM:0
大相撲の十両力士、若麒麟(本名・鈴川真一)(25)の大麻所持事件で、師匠の尾車親方(元大関琴風)は1月31日、日本相撲協会に若麒麟の引退届けを提出した。 尾車親方は、若麒麟が「申し訳なかった。本当にばかなことをした。引退したい」と言ったことを受け、「私も同じ考えで、籍を置いておくだけで土俵が汚れると思い、一日も早く(引退届けを)提出した。こんな形で提出するとは夢にも思わなかった」と涙を流しながら話した。 尾車親方は協会では勉強熱心真摯な親方で、自分も認める親方の一人だ。 今回の事件は残念無念断腸の思いだったろう。 世間が目を光らせ、昨年9月の検査では疑わしい結果が出ていて、親方とも何度も話し合っていたにも関わらず…馬鹿としか言いようがない。 相撲界は、体罰八百長大麻と、事程左様に腐りきっている。 本人も「ばかなことをした」と言っているが、「馬鹿は死ななきゃ直らない」ということか。 何度も何度も言っていることだが、相撲協会が変わらなければ何も変わらない。 若くして相撲界に入り、強くなることだけを教えていたのでは、名誉も金も入ってくれば、自分は偉くなったと勘違いして、朝青龍のような親方の意見など聞かない横綱が出てきてしまうのは当たり前だ。 朝青龍の優勝で、マスコミも手のひらを返したように朝青龍を持ち上げているが、「真理」は何か見誤らないことだ。 若麒麟は、押尾川親方(元大関大麒麟)から預かった力士ではあるが、尾車親方にも責任はあるだろう。 ただ、尾車親方を失うような処分だけはしないでもらいたい。 相撲協会も早く変わらないと、自民党より先に解体してしまう…          合掌           
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/685-d9040daf

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。