八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/24 00:07|未分類TB:0CM:0
1964年は自分にとって忘れられない年だ。 年が明けた1月4日、父(故八波むと志)が交通事故で駿河台の日大病院に運ばれ、9日に息を引き取った。 自分は8歳だったが、病院のベットで人工呼吸器をつけた父の姿をハッキリと覚えている。 菊田一夫さんが、父の死をとても悔しがっていたのが印象的だった。 それからは、父の建てた家を人に貸し、その家賃と母の働いたお金で生計を立てるようになる。 池上の大きな家から千鳥町の小さな家に引っ越し、学校も新しい学校に転校し母子家庭の生活が始まった。 5月に父の遺骨を故郷徳之島に埋葬するために、初めて飛行機・寝台列車・新幹線に乗ったのもこの年だった。 大黒柱のいなくなった家は、質素倹約贅沢は敵の生活になった。 そんな生活が慣れ始めた10月10日、真っ青な空に黒・赤・緑・黄・青の五輪が浮かび上がった。 それが、東京オリンピックの始まりだった。 伯父さんに買ってもらったカラーテレビにかじりつき、アベベ・円谷・チャスラフスカ・遠藤・小野・東洋の魔女・三宅・神永・ヘーシンク・などの顔を舐めるように見たものだった。 「もう生きている間には二度と見られないから、しっかりと見ておくのよ」と母に言われたのを、きのうのように覚えている。 あれから45年、また東京でオリンピックが見られるかもしれない。 2016年のオリンピック開催に立候補している東京は、環境最優先のオリンピックになるそうだ。 オリンピック史上最コンパクトで、排出以上にCO2削減を目指し、太陽光や風力の自然エネルギーや、低公害・低燃費車の使用する。 環境立国日本を世界にアピールする絶好のチャンスだ。 10月2日の決定まで大いに盛り上がって、東京にオリンピックを誘致しよう。       合掌 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/696-2c3b1346

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。