八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/06 09:56|未分類TB:0CM:0
テポドンが日本の上空を通過して太平洋のどこかに落下した。 土曜日には二回も、誤報が出る始末で、日本の防衛力のお粗末さが露呈した。 そもそも、北朝鮮に核爆弾を積んだミサイルを発射し、戦争をするだけの国力などない。 韓国の政権が変わり、支援物資が入らなくなり、食べるものにも事欠く状態のはずだ。 バカな指導者を持った北朝鮮の国民は、飢えに苦しみ、本当にかわいそうだ。 バカな指導者は、今回のようなパフォーマンスをして、アメリカと何らかの交渉をしたいと思っているのだろう。 それなのに、日本の政府もマスコミも少々騒ぎすぎだ。 そんなに怖いのなら、軍隊を持って断固たる措置をとればよい。 そうなれば、また同じ事を繰り返す時代が来てしまう。 日本人は先の大戦で、多くの犠牲者を出して学んだはずだ。 日本は戦争を放棄した国なのだ。 日本に落ちる確率がほとんどないミサイルに一喜一憂していてどうする。 インドのガンジーのように、もっと肝を据えて、微動だにしない姿勢をとったほうがいい。 21世紀のいま、本気で戦争をしようとする国があるだろうか。 そんなことになったら、核が飛び交い、大量殺人が行なわれ、地球は終わる。 ミサイル防衛だ、PAC3だ、イージス艦だと物騒な活字が飛び交っているが、これにどれだけのお金が使われているのだろうか。 そのお金を、福祉や教育に使おうという話が出てきてほしいものだ…      合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/730-3873ee97

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。