八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/22 11:25|未分類TB:0CM:0
きのう、酒田から羽越線いなほ号で日本海の景色を見ながら新潟に出て、上越新幹線で東京に戻ってきた。 身体の痛みとは反対に、心はとても温かく心地良い。 酒田の皆さんの友情に厚く感謝する。 八波会のメンバーは、今朝6時より神社の清掃活動をしている。 本物の八波会めざし、日に日に新たに精進だ。 さて、今朝のワイドショーを見ていたら、石原裕次郎さんの23回忌を国立競技場でやるニュースが流れていた。 それによると、国立競技場にお寺を作り、総持寺のお釈迦様まで出張させる大掛かりなものだ。 さらに、5万人に焼酎を配る太っ腹で、総額10億円の法要だそうだ。 13回忌の時もワインを配ったりして凄かったが、23回忌は、そこまでしなくてもいいのではないだろうか。 石原プロは、裕次郎記念館の売り上げや記念アルバムを出したりして、よっぽどお金があるのだろう。 しかし、それだけのお金をかけてやるのなら、色々方法はある。 歌が好きだった裕次郎さんの「裕次郎音楽祭」などを新設して、新人発掘に門戸を開くというのはどうだろう。 あるいは、「祐次郎映画賞」を設けて、新人映画監督を応援するという手もある。 そうすれば、毎年、石原裕次郎の名前は光り輝く。 いつまでも過去の栄光にとらわれることなく、未来の人たちに何かを残すことをするほうが、裕次郎さんは喜ぶのではないだろうか。 汗をかかないで得たお金は、汗をかくことに使ってこそ意義が生まれる。 「黒部の太陽」ではお金は無かったが、映画を作りたいという情熱で、信念を貫いた裕次郎さん。 その遺産は、情熱をもって頑張っている人たちに光を当ててもらいたい。 これは貧乏人の呟きなのだろうか…     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/764-b07ef5bd

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。