八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/26 07:35|未分類TB:0CM:0
北朝鮮が再び核実験を強行した。 「窮鼠猫を食む」というが、北朝鮮はかなり深刻な状態なのだろう。 百年に一度の危機的状態の世界にあって、自国の経済を立て直すことで精一杯の各国。 北朝鮮がどうなっているのか、ほったらかしだった。 北朝鮮はブッシュ政権の時、初めて核実験をやった。 ブッシュ大統領は「北朝鮮は重要な一線を越えた」と強く非難し、国連安保理も初の制裁決議を全会一致で可決した。 ところが、ブッシュはわずか3ヶ月で対話姿勢に転じ、北朝鮮は6カ国協議の重油獲得や米国のテロ支援国家指定解除など、多くの美味しい思いをさせてしまった。 よく、オモチャ売り場の前で「買って!買って~」と、ダダをこねている子どもに負けて、欲しいオモチャを買い与えてしまった親のようだった。 こういう子どもは「無視」するのが一番で、一度、甘い汁を与えてしまったら図に乗る。 柳の下の二匹目のドジョウを獲ようとミエミエだ。 北朝鮮を相手にする時は、常識ある大人だと思って対応すると頭にくる場合が多い。 だから、子どもだと思って対応したほうがいい。 街のインタビューを聞いていると「絶対に許さない」「激しく怒りを覚える」という答えが返ってくるが、それでは北朝鮮の思う壺だ。 もっと冷静に、知らん振りをしていたほうが良いのではないだろうか。 ただし、「ピストルを持った子ども」だという事を忘れてはならない。 核拡散防止を重点目標に掲げるオバマ政権と、しっかり連携して大人の対応をして欲しいものだ。       合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/766-e0206e8e

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。