八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/04 07:18|未分類TB:0CM:0
きのうの続き… 民主党の少子化対策は、いろいろ考えてのことだろうが、お金で解決しようとするのは如何なものか。 中学までは金銭的に楽になっても、教育費が本当にかかるのは高校・大学になってからだ。 地方に住んでいる自分の知り合いの親は、大学生の息子が2人いる。 2人とも私大に通っているので、大学にかかる費用だけで年間300万円かかる。 これに、生活費を送ったら500万円近くになってしまう。 親は「霞を食って生きて行け」というのか!! しかし、これが現実だ。 しかも、会社勤めでない人は、何人の子を世に送り出しても、国民年金のわずかな額しかもらえない。 これでは、子どもを生みたくても生めないのが現状だ。 3人の娘を育てた経験から言えば、子育ては楽しい。 子どもからいろいろな事も教わる。 だから、住宅費や食費は我慢もしよう。 しかし、教育費は何とかして欲しい。 お金があるないで教育に違いがあるのは親としてはとても辛い。 そう考えると、どうしても自分の持論になってしまう。 自分の考える少子化対策は、高校生までの国公立の授業料を無料化にすることだ。 大学生になったら、バイトもできるし、奨学金を受けてもいい。 しかし、高校までは難しい。 教育費に負担が減れば、母親が家にいることもできるだろう。 10歳位までは母親が家にいて、いつも子どもを迎えて欲しい。 そして、たっぷりの愛情と「ならぬものはならぬ」を厳しく教えてもらいたい。 どんなに子どもの数が増えても、先日のブログに書いたような大麻や強姦する子では意味がない。 衆院選挙も近いが、将来の日本を考える少子化対策を期待する。       合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/773-f5b2ed53

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。