八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/30 07:10|未分類TB:0CM:0
熊本県の慈恵病院に設置された「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)が、2年を過ぎた。 2年前、賛成派と反対派に分かれて物議をかもした。 自分は07年の5月25日のブログに「赤ちゃんポストに賛成の理由」を書いた。 久しぶりに読んだら、少々硬かったが、今と同じ考え方で、ぶれていなかった。  赤ちゃんは国民の宝であって、産んだらしっかりと育てる義務がある。 しかし、いろいろな理由育てることが出来ない場合があるだろう。 そんな時は、心中したり、子を殺したりしないで、安心して「赤ちゃんポスト」に預ければいい。 開設当初、年に1人か2人と思っていたそうだが、これまで42人が預けられたそうだ。 しかも、同時に開設された24時間体制の妊婦の悩み相談電話には、2年間で約2750件の相談があった。 相談後に親が自分の手で育てようと思い直したり、養子縁組に結びついたケースが2年で130件に上る。 これはもう、一民間の病院がすることではない。 2年前の「ブログ」の最後はこんなことを言っていた。 「もし、『赤ちゃんポスト』に預ける人が増えたら、国が全部面倒見てあげればいいのだ。 自衛隊の戦闘機、一機分も掛からないのではないだろうか。 今は、熊本の『慈恵病院』が民間でやっているが、この問題は北朝鮮の拉致問題と一緒で、世界にたった一つの大切な命と捉えれば、国が守る義務があるのだ。 早急に考えなければ、沢山の大切な命が失われていく」と…  ぶれない、舛添厚労省ならやってくれるだろうか…       合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/791-64894d24

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。