八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/31 10:52|未分類TB:0CM:0
今朝のNHKの「この人にトキメキっ!」で倉本聰さんが出演していた。 北海道からの生中継だったが、とても心が洗われる思いだった。 今年74歳の倉本さんは、25年続いた富良野塾を閉じることにした。 「富良野塾」は、役者やシナリオライターを養成する私塾で、多くの人を世に出した。 やめる理由は、「この歳になって、ゼロからの人を教えるのはしんどくなった」とおっしやっていた。 歩く時に杖をついて歩いていたが、体力的にもきつくなったのだろう。 今後は、富良野の自然を育てることと、年に何回か脚本を提供するそうだ。 倉本さんは42歳で富良野へ移住、自ら開墾して富良野塾を作ったほどの熱血漢だ。 自然を愛し、その大切さを訴え続けた。 そんな中から、あの名作「北の国から」が生まれたのだろう。 その熱い思いと、思いやりの精神は尊敬に値する。 自分の座右の銘「情熱と真心」に共通するものがある。 自分は子育てをする中で、一番大切なのは「感性を育てること」だと思っている。 倉本さんの作品には、感性が滲み出ていて、ここも共感できる。 おそらく、考え方が似ているのかもしれない。 番組の最後に、倉本さんは「貧幸」という字を披露した。 今の日本は豊かさだけを求めて、本当の幸せが分かっていないと言う。  「貧乏は美徳」と言っている我が家だが、一緒に見ていた娘が「家みたい」と言ったのには笑った。 恐れ多いが、できることなら倉本さんと、一献交わしながら、今の日本を語り合ってみたいものだ…    追伸!! 来週は夏休みをいただきます。 お許し下さい。     合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/814-8a44bfbc

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。