八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/16 09:28|未分類TB:0CM:0
鳩山政権がきょう発足する。 いよいよ民主党が新しい日本を創る時が来た。 鳩山政権のテーマは「因習」と「踏襲」だ。 良いものは引継ぎ、悪いものは排除し改めるということだ。 先日、沢山の祭りや伝統芸能を舞台芸術としてご覧いただく「杜の賑い」の司会をした。 その時知ったのだが、北海道には昔からある祭りや芸能は、アイヌ民族の方たちの古式舞踊くらいしかない。 あとは、明治以降に入植してきた人たちの故郷から取り入れたものだった。 今でも残っているものもあれば、消えてしまったもの、新しく変化しているものもある。 いま、日本中に浸透している「よさこいソーラン」は、わずか18年前にできた祭りだ。 高知県出身の北海道大学の学生が、故郷の「よさこい」を見て、「よさこいのような祭りを北海道でも創れないか…」と、できたものだ。 今では毎年6月に札幌で開催され、200万人を動員する大規模な祭りに進化した。 わずか18年で、日本中に浸透するくらいの祭りや踊りができたのは、新しいものを貪欲に取り入れようとする、開拓者魂が北海道の人たちの根底にあったからだろう。 歴史がないだけに、新しいものにも、しがらみなく取り組めたはずだ。 この話は、今度の民主政権に共通する。 北海道は鳩山さんの9区を始め、12区あるうちの11区で民主党が勝利した。 北海道の開拓者魂が日本に蔓延し、全国で「因習」と「踏襲」を選別する作業がはじめまる。 国会は今頃、「民主の賑い」だろうが、浮かれることのない(まつりごと)を期待する。     合掌 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/841-638429ef

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。