八波一起のたっしゃでワイド!!

テレビ朝日のモーニングショウで12年!!ワイドショウの表も裏も知り尽くした八波一起が世間のニュースを一刀両断!!

プロフィール

八波一起

Author:八波一起
昭和30年7月20日コメディアンの父・八波むと志の長男として生まれる。
日本大学経済学部卒。
昭和50年8月帝劇で初舞台を踏む。
昭和55年4月より「モーニングショウ」のサブ司会者となる。
平成5年4月より「八波一起のテレビイーハトーブ」メイン司会者となり東北の顔となる。
現在3人の娘に恵まれ、俳優・司会・執筆・講演などタレントとして活躍中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/29 11:47|未分類TB:0CM:0
このブログファンなら、耳にタコができるほど聞いていると思うが、21世紀は「本物の時代」だという事を、このところ痛切に感じる。 21世紀になって8年、民主党政権になって益々「本物の時代」が問われている。 日航の赤字問題は、親方日の丸体質が治らない限り黒字転換などありえないだろう。 20世紀の「物質文明」は、ありとあらゆるものを作り出してきた。 日航もそんな時代に生まれた産物だ。 狭い日本にいくつの空港があるのだろう… 今年オープンした「富士山静岡空港」も物質文明の負の遺産だ。 新幹線もあり、東名高速もある静岡に、空港を作っても赤字は目に見えていた。 にもかかわらず、日航は就航した。 こんなことを繰り返していて、赤字にならないほうがおかしい。 自民党の政策は、この「物質文明」から脱出できなかった。 先の見えない、そして変わることのできない政治家は退場するしかない。 こんがらかった糸は、ほぐそうとすればするほど、こんがらかってしまう。 この糸は、一度切って繋ぎ合わさなければ、一つの糸には戻らない。 だとするならば、日航は一度破産させてから再生しないと無理だろう。 しがらみや、もたれあいの体質がこんがらかって、ほぐしようがないところまできているはずだ。 赤字路線をどんどん作っても、見てみぬふりをしてきた政府にも責任があるが、変われない体質の日航にも大きな責任がある。 前原新大臣は、尻拭いさせられることばかりだが、ここは大鉈を振るうしか方法はないだろう…        合掌
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happaikki.blog70.fc2.com/tb.php/851-9b7d0188

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

おすすめ

Copyright(C) 2006 八波一起のたっしゃでワイド!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。